Blog

ブログ更新情報


2020

【リーグ戦④vs京都産業大学】

いつも同志社大学体育会バスケットボール部をご支援いただきありがとうございます。

2020年度 関西学生バスケットボールリーグ戦第4戦の試合結果をご報告いたします。

 

9月28日 @向日市民体育館

15:00~ vs.京都産業大学


●同志社55{10-25,9-26,19-23,17-16}90京産大○


スタートは、 #7髙嶋 #21板澤 #23東 #24万久里#25藤田 。


1Q 


#23東 のシュートで幸先よく先制するが、ディフェンスの緩みが出た所を狙われ失点を重ねる。

しかし、#23東 #14柏 のスリーポイントシュートなどで必死に食らいつき、10-25の15点ビハインドで1Qを終える。


2Q


ターンオーバーなどにより2Qの立ち上がりに失点が重なる。

#7髙嶋 のフリースローや#32川﨑 のバスケカウントなど反撃を試みる場面が多々見られる。

しかし、インサイドやリバウンドが手薄になったところに攻め込まれる。

同志社は流れを打ち切られ、19-51で2Qを終える。


3Q


開始1分、またしても#23東 のスリーポイントシュートの成功や、#21板澤 のファストブレイクなど強気な攻めの姿勢を見せ、2Qより10点以上多くの得点を獲得する。

しかし、気持ちの焦りから、ターンオーバーが増え、リバウンドなど最後までやり切れない場面が目立ち、38-74で3Qを終える。



4Q


鋭いパスからの#27那須 のドライブインや#7髙嶋 のゴール下のシュート、#34大西 のファストブレイクなどで必死に喰らいつく。

果敢に攻め続けるも、京産大の得点力に敵わず55-90で試合を終える。



相手の要所で決まる高確率なスリーや、激しいボディコンタクトもあり、同志社大学らしいプレーをやりきる事ができないまま40分が過ぎてしまった試合だった。

さらに、シュートを止めるためにファウルをしてしまい、相手に得点のチャンスを与えてしまった。

またリバウンドにおいて圧倒的な差を見せつけられ、得点の機会を得られず悔しい敗戦となった。

しかし、要所要所に好プレーも見受けられ、諦めない姿勢を示した。残り7試合、1勝でも多く勝ちを重ねられるよう、全力を尽くしていきたいと思う。








---------------------

本日のスタッツ

25pts  #23東 


10pts #7髙嶋 


4pts   #24万久里 #27那須 


3pts  #14柏 #32川﨑 


2pts    #12丸山 #21板澤 #34大西 


---------------------


《次回の試合予定》

【リーグ戦5戦目】

10月3日(土)  @向日市民体育館

17:00~vs関西学院大学


応援よろしくお願い致します。


WRITER:須藤凛
コメント
名前

内容